不用品回収、掃除方法の情報ブログ

不用品回収の達人

消毒用アルコール・エタノール

アルコールやエタノールでお掃除|水の使えない場所もしっかり殺菌お掃除!

更新日:

手ピカジェルや消毒用エタノールなど、家庭や病院等で手を除菌・殺菌する際に使うアルコール。

実はこのアルコールで掃除ができることをご存知でしたか?

除菌・殺菌はもちろんのこと、汚れを落とす働きも持っているので、掃除アイテムにアルコールを取り入れる方も増えてきています。

ドラッグストアなどでも、掃除用アルコール商品がいくつか扱われています。

アルコールは一体どんな汚れを落とすのに効果的?そもそもアルコールって??

今回は掃除に使えるアルコールについて、詳しく紹介していきます。

 アルコールとは?

基本的には、皆さんが知っているお酒に含まれるアルコールと同じになります。なので安心して幅広く使うことができます。

アルコールには水分をほとんど含まない「無水エタノール」と、ドラッグストアなどで一般的に売られている「消毒用エタノール」があります。

市販の消毒用エタノールで有名な商品ですと、「手ピカジェル」がそうですね。

無水エタノールは比較的高価なので、掃除に使うには消毒用エタノールがおすすめです。

アルコールは、医療の現場で広く使われるほど、殺菌・消毒作用が高く、家庭でも身のまわりのものを広く除菌できます。

また、揮発性(液体の蒸発しやすい性質)があるので、水が故障の原因となる場所での掃除に有効です。

水の使えない場所への掃除

テレビやパソコン、キッチン家電などの手入れ・コンセントまわり・カビが生えやすい押し入れなど

アルコールの溶解作用によって油を溶かす働きもあるので、手垢、皮脂、食品による油汚れなどの拭き掃除にもおすすめですよ。

アルコールとエタノールって何が違うの?

除菌・殺菌用の商品によって、「アルコール」と表示されているものがあれば、「エタノール」と表示されているものがあります。

「エタノール」とは、国際化学命名法による呼び名で、一般にはエチルアルコールと呼ばれるアルコールのことです。

呼び方は違いますが、どちらも同じものになります。

商品を購入する際は、中身は変わらないので、アルコールでもエタノールでもどちらでも構いませんよ。

 

 アルコールの得意なこと・苦手なこと

アルコールでの掃除を始める前に、その性質をしっかりと理解してから、掃除に取り組みましょう。

得意なこと

〇カビが生えやすい場所の掃除

〇水が故障につながる家電製品、コンセントまわりの掃除

〇油汚れや皮脂汚れ落とし

キレイにしたくても、水の使えない家電製品に使用することができるのは嬉しいですね。

身体への害もありませんので、子供のおもちゃなどについた皮脂汚れなどを、安心してキレイに掃除することもできます。

 

苦手なこと

×衣類の汚れ落としなどの日常的な洗濯

×ニスやワックスを塗装した家具への使用

×広い部屋の掃除

ニスで塗装した家具や、ワックスがけした床に使うと、はがれてしまうことがあるので、使用しないように気をつけましょう。

注意

・引火性があるので、火気を近づけない

・揮発性が高いので、使用するときは換気を忘れずに

・素肌で使うと皮脂が奪われて肌荒れしやすいので、手袋を着用する

 

 アルコールの基本の使い方とメリット

スプレータイプのものがありますが、消毒用エタノールで自作のアルコール水を作ったほうがコスパがいいので、作り方と使い方を紹介していきます。

アルコール水として使う

アルコール水の作り方

水110mlに、アルコール90mlを入れて、合わせて200mlになるようにする。

先にアルコールを入れると容器が傷むので、必ず水を入れてからにする。

混ぜたらスプレーボトルに移し入れる。これでアルコール水の完成です。

 

アルコール水を使って掃除をするメリット

  • メリット①|殺菌・除菌ができる

水回りやトイレなどの、雑菌が繁殖しやすい場所の掃除にぴったり。

お風呂場や押し入れの中など、カビが発生しやすい場所にアルコール水を吹きかけておくと防カビになる。

  • メリット②|水洗い、二度拭き不要

揮発性が高いので、あとに残らず二度拭きの必要がない。

水洗いできない場所や、水洗いしにくい場所に使える。

  • メリット③|油汚れなどのガンコな汚れも落とす

油を溶かしだす性質で、口に入っても危険のないアルコールなので、キッチンの油汚れ掃除にも使える。

 

使い方ポイント

アルコール水をぞうきんなどに染み込ませて拭き掃除に使うか、スプレーを汚れに吹きつけながら使うのが定番の使い方になります。

家電製品、コンセントまわりを掃除する際は、アルコール水を直接吹きかけないで、ぞうきんに染み込ませての拭き掃除をするようにしましょう。

また、引火しやすいので、コンロにも直接アルコール水を吹きかけないように気をつけてください。

 

 【場所別】アルコールを使っての掃除法

家の中の普段掃除している場所や、水を使えないために今まで掃除せずにいた場所など、アルコールを使っての掃除をぜひ試してみましょう!

step
1
トイレ

トイレは尿はねなどの汚れや雑菌がたくさん!アルコールでしっかり除菌もしましょう!

トイレットペーパーにアルコール水をスプレーして染み込ませます▼

普段のトイレ掃除ですと、便座部分をすることが多いですが、便座フタやレバーハンドルなどにもたくさん雑菌がついています。

しっかりと掃除しましょう▼

 

step
2
パソコン、キーボード

キーボードには手垢や皮脂がべったり!

アルコール水を吹きかけたぞうきんで、やさしく拭き掃除します▼

パソコンの液晶画面は傷めてしまう場合があるので、拭き掃除はやめましょう。

step
3
窓ガラス

手垢や汚れがつくと目立ってしまう窓ガラス。

水拭きですと拭きあとが残ってしまいますが、アルコール水だとキレイに仕上がります。

拭きあともまったく残りません!

 

step
4
子供のおもちゃ

子供のおもちゃをキレイにするのはとても大変!ひとつひとつを丁寧に掃除するのは・・

そんな時は、アルコール水をシュシュッと吹きかけておけばOK!これだけで除菌ができます!

もちろん、ぬいぐるみにもアルコール水が使えます。吹きかけてキレイにしてあげましょう▼

 

 手ピカジェルでも掃除ができちゃう?!

冬場の風邪やインフルエンザなどが流行る時期には、大変お世話になる「手ピカジェル」。

これもアルコールですので、手ピカジェルを使って掃除ができちゃいます!

時間がなく、すぐに掃除ができない部分などに、手ピカジェルを使うと便利ですよ。

今回は、ソファにこびれついている食べ汚れを落としてみます。

カチカチに固まってこびりついた汚れ部分に、手ピカジェルをつけます▼

そのまま1分ほど放置します。ジェルを汚れに浸透させたほうが、汚れが落ちやすくなります▼

ぞうきんで叩くようにしてジェルを拭き取ります▼

このようにキレイに汚れが取れました!▼

家に手ピカジェルがある場合は、消毒用エタノールを買う前に、掃除に使って試してみるといいかもしれませんね。

 

 まとめ

ただ消毒するだけのものだと思っていたアルコール。実は、掃除をする時にはとても便利なアイテムだということが、発見できたのではないでしょうか。

キレイにするだけでなく、赤ちゃんや小さなお子さんがいる家庭には助かる、殺菌・除菌効果もありますので、ぜひ家の中の掃除に使われてみてください。

手軽に使えて、健康も守ってくれるアルコールの紹介でした。

-消毒用アルコール・エタノール

Copyright© 不用品回収の達人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.