不用品回収、掃除方法の情報ブログ

不用品回収の達人

染み抜き

食べこぼしのカレー染みはどっちが落ちる?【オキシクリーン】と【ウタマロリキッド】で比較してみた!

更新日:

みんな大好き!カレーですが、食べている時にうっかりこぼしてしまいシミが!!なんて経験をされたことがある方も多いのでは?

また、子供がカレーを食べる時は、必ずと言っていいほど食べこぼしで衣類を汚してしまいます。

カレーのシミって、ガンコで落とすのが大変なんですよね・・ですが、きちんとシミ抜きをすればキレイに落とすことはできます。

そこで今回は、掃除や洗濯用品として大人気の【オキシクリーン】と【ウタマロリキッド】を使って、どちらがカレーのシミをキレイに落とすことができるのかを検証してみたいと思います!

どちらの洗剤もシミ抜きに適している洗剤ですので、どれだけの効果と違いがあるのかを見ていきましょう。

 オキシクリーンって?

酸素系漂白剤として人気のオキシクリーン。酸素の泡のチカラで、衣類のシミ・汚れを 強力洗浄と消臭できる漂白剤です。

洗濯だけでなく、キッチンやお風呂場、トイレ、リビングなど家中の掃除に使えるため、ママさん達から人気を得ている洗剤になります。

特に人気の理由として、強い洗浄力なのに衣類を傷めることなく汚れを落とせというところ。

漂白剤といえば一般的に塩素系のものになりますが、塩素系は白物の衣類にしか使えず、また強力すぎる漂白力で衣類を傷めてしまう場合があります。

その点、酸素系のオキシクリーンは、衣類を傷めることが少なく汚れをしっかりと落とすことができ、色柄物にも使うことができます。

また、塩素系漂白剤のようなツンとした刺激臭はないので、ニオイに敏感な方でも安心して使うことができます。

もともとはアメリカで万能洗剤として長年愛されているオキシクリーンが、日本でもコストコで購入することができるようになり、その使いやすさと洗浄力の凄さがSNSで話題となって人気になりました。

そのためオキシクリーンにはアメリカ製と日本製のものがあります。

アメリカ製には界面活性剤が含まれており、日本製には含まれていません。

どちらをお使いになるかは、それぞれのライフスタイルに合わせて選びましょう。

【オキシクリーン】日本製とアメリカ製の違いって?使い分け解説!

 ウタマロリキッドって?

「ウタマロ石けん」で有名なウタマロシリーズのひとつ、部分洗い用の液体洗剤ウタマロリキッド。

色柄物やおしゃれ着などデリケートな衣類についた、化粧汚れや食べこぼしなどガンコな汚れも落としてくれます。

主洗浄成分は手肌と環境にやさしいアミノ酸系洗浄成分で、手肌にもやさしく、また、中性・無けい光なので色柄物の色落ち、変色の心配はありません。

部分洗い用となっていますが、ふだんの洗濯での洗剤としても使うことができますよ。

【ウタマロリキッド】おしゃれ着をおうちで簡単クリーニング!パフやブラシなどのメイク道具のお手入れにも!

 【オキシクリーン】でのカレーのシミ抜き

子供たちがカレーを食べこぼして汚してきたスモックで、シミ抜きの比較をしていきます。

オキシクリーンは界面活性剤が含まれていない日本製のものを使います。

このようにカレーの食べこぼしがいっぱい・・▼

まず、バケツにオキシクリーンをキャップ1杯入れます▼

お湯(40~60℃)を約4ℓほど入れます▼

ゴム手袋を着用して、溶け残りのオキシクリーンを混ぜて溶かします▼

スモックを溶液に漬けます▼

1時間ほどつけ置きしておきます▼

つけ置き後は水ですすぎます▼

すすいた後のスモックです。カレーのシミが取れているのが分かります▼

あとはふだんの洗濯と一緒に洗えば洗濯完了です。

 

 【ウタマロリキッド】でのカレーのシミ抜き

 

こちらのスモックもカレーのシミがべっとり・・▼

ウタマロリキッドをシミに染み込ませていきます▼

手でもみこんで1時間ほど放置しておきます▼

つけ置き後は水ですすぎます▼

すすいた後のスモックです。うっすらとですが、カレーのシミが少し残っているのが分かります▼

あとはふだんの洗濯と一緒に洗えば洗濯完了です。

 

 カレーのシミ抜き検証結果!

オキシクリーンとウタマロリキッドでのカレーのシミ抜きが完了しました!

こちらの写真は、つけ置き後に水ですすいだものになります▼

ふだんの洗濯と一緒に洗って乾かしたあとのスモックがこちらになります。

ウタマロリキッドでシミ抜きをしたスモック▼

オキシクリーンでシミ抜きをしたスモック▼

オキシクリーンでつけ置きしたスモックのほうが、キレイにカレーのシミが落ちたように思います。

ウタマロリキッドでもある程度落とすことはできましたが、オキシクリーンほどの洗浄力は感じられませんでした。

と、いうことで、比較した結果、オキシクリーンでつけ置きしたほうがカレーのシミは取れるという結果になりました!

 

 まとめ

いかがでしたか?人気洗剤のオキシクリーンとウタマロリキッドでのシミ抜き比較の結果は、オキシクリーンのほうがきちんと汚れを落とすことができました。

ウタマロリキッドでも落とすことはできましたが、カレーのシミをしっかりと取りたい!という方には、オキシクリーンでのシミ抜きをおすすめします。

どちらも優秀な洗剤ですので、今回の検証で気になられた方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

年間12000件超えの実績!

不用品回収のことなら安心と信頼のエコ☆えこ!〔千葉・東京・神奈川・埼玉・茨城〕

※ライン@から【不用品回収の達人を見た】と送信すると消費税オフサービス中です^^

-染み抜き

Copyright© 不用品回収の達人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.