不用品回収 10万円はぼったくり?

不用品回収 粗大ゴミの処分方法

不用品回収で10万円は高い?|ぼったくり被害にあわないために相場を知ろう

不用品回収で10万円請求された→これってぼったくり?

不用品回収を頼んだら10万円請求されましたがこれってぼったくりでしょうか?

ぼったくりか悩む主婦

 

この答えとしてはこうなります。

 

”回収物品の量次第では適当な場合もある”

 

金額が10万円以上だから、ぼったくりとは言えないということですね。

 

では、どのくらいの量で10万円を請求されたらぼったくりなのか?

 

不用品回収の料金相場とともに解説します。

 

まずは不用品回収の料金相場を知る

不用品回収の料金相場について

ぼったくりかどうか判断するために、まずは不用品回収の料金相場を知ることが大切です。

 

不用品回収を頼むような通常ごみとして出せないものは粗大ごみと呼ばれます。

 

粗大ごみは知人などに譲ったり、買いとってもらう無料処分もできますが、基本的には有料処分となります。

 

有料処分の方法としては、自治体の回収サービスを利用するのが一般的で一品300円~2500円が料金相場です。

 

ここでもかなり開きがありますが、回収するサイズが大きければ大きいほど料金は高くなると考えて下さい。

 

また、冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビなどのリサイクル法対象家電は一品5000円~10000円が処分料金相場です。

 

物品の点数や量を数えて、まずはお住いの市区町村のホームページの料金表を確認すればおおよその値段は出てきます。

 

具体的な料金相場

料金相場について詳しく

点数が少ない場合は市区町村の回収サービスを利用し、多い場合は不用品回収業者の積み放題プランを利用するのがお得に済ませる方法です。

 

では、丸ごと片付けしてもらうと考えて、面積別に不用品回収業者の相場をまとめてみます。

  • 1K・1R 50000~
  • 1DK 80000~
  • 1LDK 100000~
  • 2DK 120000~
  • 2LDK 150000~
  • それ以上 見積もり
  • 一軒家まるごと 50万円~

業者によって料金差はありますが、以上が大体の目安となります。

 

この目安から『ちょっと高い?』と感じる方もいるかもしれません。

 

そこで不用品回収の料金の仕組みについて説明します。

 

高いと感じる?不用品回収の料金の仕組みについて

不用品回収の仕組み

不用品回収にかかる料金は

  • 人件費(運び出し)
  • リサイクル料金
  • 処分費用

これらがもとになっていると考えることができます。

 

当日、トラックなどで依頼場所まで出張し、荷物をトラックに乗せ、また処分場までもっていく。

そして、リサイクル家電の場合はリサイクル料金を支払って処分する。

再利用できるもの以外は、無料で処分できるわけではありませんので業者が処分を頼むのに費用がかかってきます。

 

実際は廃棄物処分に関する法律が深くかかわってきて複雑な面もあるのですが、以上のようなゴミの処分の流れを考えますと

1Rまるごと(家電、家具など)片付けを依頼して5万円以上だったからぼったくり!とは言いにくいかと考えられます。

 

不用品回収は引っ越しとよく似ていて、引っ越しで運んだものをすべて処分すると考えるとイメージしやすいかもしれませんね。

 

料金相場について詳しく▽

【保存版】不要品回収処分料金の相場っていくら?無料、格安、ぼったくりなど費用についてわかりやすく解説!

【保存版】不要品回収処分料金の相場っていくら?無料、格安、ぼったくりなど費用についてわかりやすく解説!

続きを見る

 

ぼったくり業者を避けるためにやるべきこと

相見積もり 悪徳業者

それでも、1Rのまるごと片付けで10万円以上や、見積もりと違った額を請求するぼったくり業者は存在するのは確かです。

 

このようなぼったくり業者を避けるための方法としては

市区町村の回収サービスを利用する

これが一番よいかと思います。

 

ただし、上にも書いた通り点数が多い場合は不用品回収業者に頼んだ方がお得になるケースも多く

市区町村の回収サービスは回収まで1か月以上かかってしまうということもあります。

 

お得に処分をしてくれる不用品回収業者を見つける方法としては

一般廃棄物収集運搬許可がある業者

を探しましょう。

 

許可がある業者は必ず、ホームページに記載がありますのでそれを目安にまず、見積もりを出してもらうことをおすすめします。

一般廃棄物収集運搬許可について詳しく(当ブログ監修動画)▽

 

ぼったくりだと思った時の対処法

この業者ぼったくり業者かもしれない

ぼったくりか悩む主婦

 

そう感じた場合は、どのタイミングであれまずは利用するのをやめましょう。

 

トラブル例としてよく報告されているのが、『トラックに物を積んだ後に高額料金を請求された』というもので、高いというと、ここに物を降ろしていくといわれ、泣く泣く支払ってしまうケースです。

この場合になってしまった場合でも、お金を支払わずもとに戻してもらうか、最悪そこにおいてもらうしかありません。

 

高くてもしょうがないと、ぼったくりをするような業者に頼んでしまうと、不法投棄につながる場合があります。

 

すでに料金を支払ってしまった場合は、消費者センターに相談することになると思いますが、取り戻すのがなかなか難しいです。

 

まずは被害にあわないように、気をつけて業者を選ぶことが大事ですね。

 

ぼったくりへの対処法について(当ブログ監修)▽

 

相見積もりや、割引を利用してお得にする

相見積もり

不用品回収業者に頼む場合は、相見積もりがおすすめです。

 

複数社に見積もりを出してもらって、その金額を他業者に伝えることで割引してもらう

というやり方で、割引してもらいやすい方法です。

 

引っ越しなどでもメジャーな方法で、業者側も慣れていますから、遠慮せずに提案してみましょう。

 

そのほか、不用品回収業者では見積もりをしっかりと行ったうえで、割引サービスを適用してくれるところもあります。

 

少しでもお得に処分するには、これらの方法がおすすめですね。

 

まとめ

  • 10万円以上だからぼったくりとは言い切れない
  • 片付け状況や量などで値段は変わってくる
  • 市区町村の回収サービスで一点300円~2500円が相場
  • リサイクル法対象家電は一点5000円~10000円
  • 多数の場合は不用品回収業者がお得
  • 不用品回収はそもそも費用がかかるものではある
  • ぼったくり業者にあわないためには許可がポイント
  • 被害にあいそうになったらまずは支払わないこと
  • 相見積もりや割引サービスでお得になる

以上、不用品回収の金額に関するまとめでした。

 

不用品回収は人生において、そう何度も頼まないため『これくらいかぁ』と思ったり『高いんじゃないかな?』と悩むことも多いかと思います。

 

まずは料金相場や処分方法などを知ることで、判断がしやすくなりますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

質問などあればお問い合わせよりお気軽にどうぞ!

 

 

マンガで分かるエコえこがおすすめな理由!

エコえこ明朗会計4コマ漫画

▽エコえこは電話見積もりに自信があります!

無料見積り・ご相談

▽24時間メールで問合せ受付中!

早速、問合せしてみる

不用品回収のことならエコ☆えこ!〔千葉・東京・神奈川・埼玉・茨城〕

▽ラインで簡単にやり取りできます!

※ライン@から【不用品回収の達人を見た】と送信すると消費税オフサービス中です^^

-不用品回収, 粗大ゴミの処分方法

Copyright© 不用品回収の達人 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.