不用品回収、掃除方法の情報ブログ

不用品回収の達人

ゴミの処分方法

要らなくなった【ハイローチェア】の処分する方法を紹介!

投稿日:

乳幼児の時期に活躍するハイローチェア。

出産祝いやお下がりなどで頂き、役立って助かったママさんも多いでしょう。

ただ、役目を終えたハイローチェアは、サイズがわりと大きいこともあり、置き場に困ったり処分に困っている方もいるかと思います。

そこで今回は、要らなくなったハイローチェアの処分方法を詳しく紹介していきます。

 ハイローチェアは「粗大ごみ」

標準的なハイローチェアのサイズは、ハイチェア時に幅が約56㎝、高さが70~100cmの製品が多いです。

各地域の自治体によって異なりますが、一般的に指定ゴミ袋に入らないものは「粗大ごみ」扱いになります。

サイズの大きいハイローチェアは、「粗大ごみ」となります。

自治体に回収してもらう

粗大ごみの回収は、事前に自治体に連絡をし、申込みをすれば回収してくれます。

粗大ごみ収集を依頼するには、まずお住まいの地区の市区町村にある「粗大ごみ受付センター」(各自治体によって名称は異なります)に連絡をします。

電話、もしくはホームページから申込みが行えますよ。

電話では通常「住所氏名、品目(ハイローチェア)、ごみの大きさ」などを伝えます。

また、「収集日」「受付番号」「収集場所」「必要なごみ処理手数料」を教えてもらえるので、メモが取れるように準備しておきましょう。

申込み完了後は、回収日までに「粗大ごみ処理券」を必ず購入しておきましょう。

関東圏の地域で、自治体にハイローチェアを回収をしてもらう際にかかる費用をまとめてみました▼

東京都板橋区 400円
神奈川県川崎市 500円
千葉県松戸市 (50㎝以上のもの)1点につき 1.000円
埼玉県春日部市 (50㎝以上、2m未満のみ)500円
茨城県水戸市 (3m未満)500円

松戸市に関しては、50㎝以上のものであれば、どの大きさでも1点につき1,000円かかるそうです。

粗大ごみを持ち込む場合

多くの地域では、粗大ごみを清掃施設へ自分で持ち込むことができます。

持ち込みのほうが回収よりも多少費用が安く済むので、手間がかかりますが、少しでも処分する費用を抑えたい方は持ち込みがおすすめです。

粗大ごみを持ち込む前は

必ず事前に搬入先への電話をして、承諾を受けてからにしましょう。

 

 解体してゴミ出しする

電動でない、手動のハイローチェアなら、バラバラに解体してふだんのゴミと一緒に捨てることも可能です。

電動のものは、配線など複雑な構造をしているので、安全のためにも自分で解体をするのは避けましょう。

バラバラに解体するのは、なかなか根気のいる作業になりますが、

急いで捨てる必要がない方、お金をかけたくない方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ハイローチェアを解体した際、部品は大きく分けて3種類になります。

3種類の部品

  • プラスチック(テーブル、本体)
  • スチール(ネジ等)
  • 生地(クッション、ベルト等)

それぞれの部品をしっかりと分別し、各地域で定められたゴミ出しの指定日に出すようにしてください。

また、分別が分からない際は、域で配布されている「ごみの分別一覧表」や、ホームページで必ず確認をするようにしましょう。

 

 不用品回収業者に依頼する

急ぎでハイローチェアを処分したい!という方は、すぐに対応してくれる不用品回収業者に依頼する方法をおすすめします。

自治体での回収ですが、値段は安く済みますが、回収日までに時間がとてもかかります。

「今日申込みをしたから明日回収に来てくれる」というわけではありません。

早くて2週間、遅ければ1ヶ月後に回収というケースもあります。

できるだけ早く処分したい、時間がないという方は、費用はかかりますが不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

回収料金の仕組み

業者が行っているサービスである不用品回収ですが、料金は大きく分けて3パターンあります。

3つの<料金プラン>

①基本料金+処分物の料金+オプション
②定額プラン
③処分単価のみの料金(重量・体積・1点ごとの料金)

①の料金プランである業者が最も多くなっていて、その次に②の定額プラン、③は少数の業者になります。

①については、料金の価格設定があるために、内訳などを提示する業者が多いようです。

②については、料金が決まっているためシンプルですが、状況によって必ず安いといえるわけではありません。

③は最もざっくりした料金の出し方で、単価と数量が明確でないケースなどもあるようです。

数多くある業者の中には、オンライン見積ができる業者もありますので、数点の処分物であれば、自動見積で料金を確認することができますよ。

処分品はどうなる?

業者が回収した物品は、自社で所有している倉庫で分別をする業者と、そのまま処分場に直接運ぶ業者があります。

分別を行う業者の場合は、有価物(リユースやリサイクルで売却ができるもの)と処分物を分けます。

有価物については、売却します。

処分物については、多くは廃棄物処理場に持ち込まれ、埋め立てや焼却などの処理になります。

 

 まとめ

役目を終えたベビー用品を、親類や友達などに譲ることもできますが、状態が良くなかったり譲り相手がいない場合は、自分で処分しなければいけません。

処分法についてはひとつではないので、どの方法がいいか相談しながら決めてみてはいかがでしょうか。

また、粗大ごみでゴミ出しする場合は有料となりますので、ふだんのゴミと一緒に出すようなことがないようにしましょう。

関東圏の不用品回収業者ならここがおすすめ!

エコ☆えこに「ハイローチェア」の回収を相談する

消費税10%分を割り引くキャンペーン中。このサイト(不用品回収の達人)を見たでLINE連絡すると割引になります。

年間12000件超えの実績!

不用品回収のことなら安心と信頼のエコ☆えこ!〔千葉・東京・神奈川・埼玉・茨城〕

※ライン@から【不用品回収の達人を見た】と送信すると消費税オフサービス中です^^

-ゴミの処分方法

Copyright© 不用品回収の達人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.