不用品回収、掃除方法の情報ブログ

不用品回収の達人

ゴミの処分方法

旅館、ビジネスホテル、ラブホテルの閉店・閉鎖に伴う不要品回収、片付けならエコ☆えこへ!【千葉・東京・神奈川・埼玉・茨城】

更新日:

旅館やホテルを閉店、閉鎖する際の大量ごみ処分お任せ下さい

当ブログスポンサー様「エコ☆えこ」よりPRが届いています。

旅館やホテルの廃業・閉鎖に伴う大量ごみ・不要品の処分に悩んでいませんか?

お困りでしたら法人向けごみ回収など【500件以上】信頼と実績のエコ☆えこにお任せ下さい!

  • 大型家具家電の撤去
  • 厨房什器の処理・買取
  • 大型照明、天井スピーカーの処分
  • 畳やカーペットはがし
  • 現状回復・スケルトン仕上げ

まで経験をもとに迅速に対応いたします。

経験豊富なスタッフが適正見積もりいたしますのでまずはお問合せ下さい。

【不要品回収の達人を見た!】とご連絡下さい▽

お電話下さい→0120-111-017

お問い合わせページ

公式サイトはこちら

 

この記事では、店舗閉店に伴う不要品回収にかかる金額、注意点などをビジネスホテルの閉鎖の実例をもとにわかりやすく解説します。

損をしないために店舗閉店の片付けの知識を身につけておきたい

店舗閉店に伴う片付けは一般のご家庭にはないような特殊な物品の片付けを伴います。

旅館やホテルであればベッドや布団などの寝具、テーブルや棚と一般家庭と変わらない気もしますが

例えば、宴会場の音響機器だったり、厨房にある特殊な調理器具、大型冷蔵庫など多岐に渡ります。

閉鎖という状況もあり経営者の方は混乱しているケースも多く、片付けは業者に頼むことが多くなるでしょう。

業者に処分を頼む場合は

  • どんなものが処分対象になるか?
  • 逆に買取をしてもらえるものはあるか?

など基本的な知識の有無だけでも片付けの費用に差が出てしまうので注意が必要です。

特殊な状況だからこそ、片付け費用などで損をしないように閉店に伴う片付けに関する知識を身に着けておくことが大事になります。

まずは一番重要視される金額について解説します。

 

店舗状況によって費用は大きく異なる

 

片付け費用は店舗の状況によって大きく変わります。

面積やごみの量はもちろんですし、業種(飲食・ホテル・スーパーマーケットなど)によっても大きく異なります。

 

業種により特殊な物品、大型の不要品の有無などが考えられますね。

また回収にお金がかかる不要品から、厨房器具のように買取が可能なものもあるためそれをを知らないだけで損です。

なので大抵は見積もりをしなければ正確な金額は分かりにくいのですが、トラック換算でざっと考えることも可能です。

 

不要品回収に使う車の中でも大型となる2トントラックでの回収相場は一台5万円程度~ですので

この2トントラック何台分か考えると少しわかりやすくなるでしょう。

ちなみに2トントラックに積載できるおおよその量はこの通り。

参考

  • 4ドア冷蔵庫であれば12台
  • 190cm以内の高さのタンスであれば8~10台
  • ブラウン管の29inchテレビであれば25台
  • 洗濯機20台
  • 45Lのゴミ袋換算で40~43袋

エコ☆えこ公式サイトより

これらすべてを一度に積載することができますのでそれなりの量ですね。

民宿や小さな旅館であれば2トントラック4~5台でまるまる空っぽにできるかなという具合です。

逆に大型ホテルなどは音響機器だけで2トントラック数台になってしまうということもあります。

 

閉店、閉鎖に伴う片付けの金額について

トラックの台数×5万円と考えることもできるという相場の一例を出しましたが、実際に現場の状況で変わってきます。

例えば、そのままではトラックに入りきれない大型の家具の解体や、高所にあるオブジェなどの撤去など

特殊な作業が必要な場合は、追加の料金がかかるという具合ですね。

上にも書いたように、買取可能な物品があれば片付け費用と相殺することも可能です。

 

参考

厨房器具で買い取りが可能な物品

冷凍冷蔵庫、コールドテーブル、製氷機、食器洗浄機、ショーケース、熱調理器、調理器、作業機器、サービス機器、業務用エアコン、店舗家具、レジスターなど

 

思ったより安く済むこともあれば、またその逆も然りですのでまずはお見積りご相談下さい。

エコ☆えこでお見積り

 

ビジネスホテル閉鎖の実例から学ぶ片付けの注意点

店舗閉店の場合は「ただ不要品回収をすればよい」という訳ではありません。

これはまた別項目になりますので触れるだけにしておきますが、賃貸で経営していた飲食店の閉店などではスケルトンという、コンクリむき出し

の状態に戻す必要があったりします。いわゆる、原状回復というものですね。

これには解体工事やクロスの張替えなど多岐に渡る原状回復費用がまた別途かかってきます。

このように不要品を片付けるだけではなく、建物自体の価値を考えたり、処分の方法なども考えていかなければなりません。

 

顧客情報が入ったパソコンやダイレクトメールの処分

ビジネスホテルの閉鎖では大量のベッドや寝具、各部屋の家具以外にホテルオフィスの片付けもありました。

オフィスには顧客情報が入ったパソコンや、お得意様に発送するダイレクトメールが保管されていました。

これらは個人情報を保護するために適切に処分しなければなりません。

ただ回収して処分するだけではなく

  • 機密文書はシュレッダーにかける
  • パソコンのHDは物理的に破壊して復元不可にする

というようにセキュリティに気をつけた処分が必要です。データは紙だけではなく

  • CD
  • USBフラッシュメモリ
  • 外付けHDD(ハードディスク)

なども考えられる為、これらも裁断処分が必要です。

もちろんパソコンは小型家電リサイクル法に則って処理しなければなりません。

 

使えるものまでごみにしない。買取、無料処分が可能なものを判断する

このビジネスホテルの閉鎖では、依頼者の方はほぼ不要品と思っていましたが使えるものもたくさんありました。

使えるだけではなく、高価買取から無料処分ができるものなども混じっていた状態です。

例えば、オフィスチェアの中には定価10万円を超える高級チェアがあり、状態もよかったので高価で買い取りが可能。

他にもマッサージチェアやゲーム機、オフィス備品などで値段がつくものもありました。

閉鎖するからすべてごみという訳ではなく使えるものは残す。

そして価値があるものは買取を依頼して、処分費用と相殺してもらうことを考えましょう。

買取できるかについては、業者の経験とネットワークがモノを言います。

近隣住民に配慮した片付け。

 

片付け時の事故に注意。保険に加入しているか

このホテルは廃業後、物件を譲渡する契約がなされておりました。

大型の家具や家電を運搬中に万が一建物を傷つけてしまった場合は、建物の価値を下げることになります。

そうならないように、運搬中の事故やトラブルに対応する保険へ加入している業者を選びましょう。

優良な業者は大抵、このような事態を見越して保険に加入しています。

人の手で行う作業ですので、いくら注意していても傷つけないとは言いきれませんからね。

 

エコ☆えこに依頼するメリット

以上のように、店舗閉店に伴る片付けは、金額面や不要品回収の過程において注意することがたくさんあります。

安全に、迅速に、なるべくお得に回収を行うためには【経験】が何よりの武器!

買取物品の見極めなどまさにそうですね。

エコ☆えこでは一般家庭含め年間12000件以上の実績、また法人案件も500件以上突破しました。(2019年10月末時点)

経験に基づく実績にて、エコ☆えこは対応!そのメリットをご紹介します。

 

迅速対応!経験豊富スタッフ多数在籍

店舗閉鎖に伴う片付けには急ぎのケースもあります。

例えば物件オーナーから早く明け渡しするように言われていたり、物件自体が決まっている場合などですね。

店舗単位になると近隣との兼ね合いも出てきますので、なるべく早く迅速に運び出しを終えたいという方もいます。

その点はエコ☆えこにぜひお任せ下さい。

40名を超える経験豊富なスタッフが在籍しており、2トン以上のトラック車両も複数台保有しています。

過去にホテル関連の不要品回収も多数こなしていますので経験値が違います。

不要品の運び出しから、買取対応まで一括してスムーズに終わらせることができます。

 

分かりやすい料金体系とネットワークによる価格を実現!

 

細かい追加料金やオプションは抜き!2トントラック何台分=いくらというような分かりやすい料金体系をとっております。

また自社リサイクルショップを含めたネットワークにより安心価格を実現。

関東圏【千葉・東京・神奈川・埼玉・茨城】でも屈指の低料金設定となっています。

店舗閉店という忙しい時期に、お値段のことで煩わせません。

また各種クレジットカード払いにも対応しています。

 

原状回復もお任せ!信頼できる業者と提携!

  • 原状回復
  • クリーニング
  • スケルトン仕上げ

が必要な方には、これまた安心価格にて各種工事をご案内できます。

大型ショッピングセンターなどを手掛ける信頼できる業者と提携していますので、お気軽にお声がけ下さいませ。

まとめ

  • 店舗閉店の片付けは一般家庭とは異なる
  • 損をしないために知識を身に着けておきたい
  • 店舗状況によって費用は大きく変わってくる
  • 2トントラック何台分かでおおよその金額はわかる
  • 買取・無料回収物品に気をつける
  • 個人情報の取り扱いなど注意点がある

以上、店舗閉店に伴う費用や注意事項のまとめとエコ☆えこの紹介をさせていただきました。

すべての不要品回収は、業者に必ずしも頼む必要があるわけではありませんが、こと店舗の閉店に関してはプロに任せるのがベストだと考えます。

作り上げるときも当然プロの手を借りていると思いますからね。

一定の費用はどうしてもかかってしまいますが、その分、店舗閉店に関するほかの業務には集中できますので

総合的に得をするということは十分考えられますよ!

買取も含めて経験値が重要ですが、悪質な業者には十分お気をつけ下さい。

最後になりますが事業関連のごみの不法投棄には重い罰則が科せられますのでくれぐれも注意しましょう!

 

お困りの場合はお気軽にエコ☆えこまでご相談下さいませ!

電話でのご応募→0120-111-017

お問い合わせページ

公式サイトはこちら

 

 

年間12000件超えの実績!

不用品回収のことなら安心と信頼のエコ☆えこ!〔千葉・東京・神奈川・埼玉・茨城〕

※ライン@から【不用品回収の達人を見た】と送信すると消費税オフサービス中です^^

-ゴミの処分方法

Copyright© 不用品回収の達人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.