不用品回収、掃除方法の情報ブログ

不用品回収の達人

オキシクリーン

【オキシクリーン】を使う際に「してはいけないこと」/注意点のまとめ

投稿日:

掃除アイテムとして大人気のオキシクリーン。

ふだんのお掃除で使われている方も多いかと思います。

お掃除初心者の方でも簡単に使うことのできるオキシクリーンですが、使う際に気を付けなければならない点がいくつかあります。

これから使ってみようと思っている方や、既に使っている方も、オキシクリーンを正しく安全に使用するために、今回はオキシクリーンを使う際に「してはいけないこと」を紹介していきます。

 オキシクリーン使い方注意点①素手でオキシクリーンに触れない

オキシクリーンには、タンパク質を溶かす性質があります。

人間の皮膚の主な成分はタンパク質になるので、素手でオキシクリーンを触ってしまうと手荒れの原因になります。

手荒れを防ぐためにも、使う際には必ずゴム手袋を着用するようにしましょう。

万が一触ってしまった場合には、すぐに水で洗い流すようにしてください。

また、目に入ったり飲んだりすることも危険です。粉や溶液が目に入らないように、十分に気を付けながら使用してください。

応急処置法

<目に入った場合>

すぐ水で15分以上洗い流し、すぐに眼科医に相談する。

<飲んでしまった場合>

水を飲ませるなどの処置をして、医師の指示に従う。

また、目や肌にかゆみなどの異常を感じたときは、使用を中止して医師の診断を受けるようにしてください。

 

 オキシクリー使い方注意点②オキシ溶液を水で作ってはいけない

オキシ溶液を作る際には、必ず40~60度のお湯で作るようにしてください。

「粉が溶ければ水でもいいんじゃないの?」と思われる方がいるかと思いますが、オキシクリーンの主成分である過炭酸ナトリウムは、40~60度のお湯で溶けることで、汚れを分解するのに理想的な酸素量を放出します。

放出された酸素の泡が、衣類などについた汚れだけを浮き上がらせ、素材を傷めることなく汚れだけを落としてくれます。

水温が冷たいと、酸素放出量が少なくなり、効果が半減してしまうのです。

酸素のパワーを最大に引き出すために、必ずお湯で溶液を作るようにしましょう。

覚えておこう!

アメリカ製のオキシクリーンには、界面活性剤が含まれているので、溶液を作るとモコモコの泡が発生する。

日本製のオキシクリーンには、界面活性剤が含まれていないため、アメリカ製のものよりも泡立ちは少ないが、細かい酸素の泡で繊維の奥まで汚れを落とす。

 

 オキシクリーン使い方注意点③6時間を経過したオキシ溶液は使わない

オキシクリーンで使われている過炭酸ナトリウムは、お湯に溶けると「炭酸ソーダ」と「過酸化水素水」に分離します。

約6時間を経過すると、アルカリ性のナトリウム溶液へと変化します。

そうなると、酸素の効果はなくなってしまうので、6時間を経過した溶液を使用しても、汚れが落ちることはありません。

そういったことから、つけ置き時間は6時間以上しないようにしましょう。

覚えておこう!

オキシ溶液の作り置きはしないこと!

こちらも6時間を経過したら効果はなくなります。

 オキシクリーン使い方注意点④密封容器にオキシ溶液を入れない

オキシ溶液からは常に酸素の泡が発生して、汚れを分解している状態です。

スプレー容器などの密封されたものに詰め替えると、膨張して破裂する場合があるのでとても危険です。

また、袋などにオキシ溶液を入れてオキシ漬けをする際も、袋の口を完全に閉じてしまわず、ゆるく結ぶなどして隙間を作るようにしてください。

「密封状態」には絶対にしないように、気を付けながら使いましょう。

オキシ溶液でなく、粉をほかの容器に入れ替える際にも、密封された容器には入れないように。

溶けていない状態でも、少量の酸素が出ているので、容器に小さな穴を開けるなどの工夫をしましょう。

販売されているオキシクリーンの容器には、実は小さな穴が開いていて、密封状態にならないようになっています。

 

 <おまけ>オキシ漬けで上手に汚れを落とすコツ

オキシクリーンのパワーが十分に発揮されるのは、40~60度のお湯を使うことがポイントです。

オキシ漬けをする時に、効果を長く継続させるための工夫をすることで、より汚れを落とすことができるようになります。

その工夫というのは、オキシ漬けをしている間も、水温を下げないということ。

水温が下がるにつれ、汚れを分解する酸素放出の量も少なくなってしまいます。

オキシ漬けをする時は、放置する前にふきんやタオル類で覆うようにすると、水温を保つことができます。

また、覆ったふきんやタオル類の漂白もできるので、一石二鳥ということになります!

ココがポイント

水温を保つ工夫をする。

洗浄力抜群のオキシクリーンのパワーを発揮させるために、ひと工夫してみましょう。

 

 まとめ

オキシクリーンに限らず、さまざまな洗剤にはそれぞれの使用方法があります。

必ず使用する前には、注意書きや使い方の説明書きなどをしっかり読み、正しい方法で使用するようにしましょう。

正しい使い方をすることで、さらにお掃除が楽しくなるかと思います。

-オキシクリーン

Copyright© 不用品回収の達人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.