不用品回収・引っ越し・遺品整理など片付け(掃除)の情報ブログ

不用品回収の達人

ゴミの処分方法 不要品回収業者 粗大ゴミ

【鳥取県】鳥取・米子での粗大ごみの出し方|有料の回収から格安な持ち込みまで

投稿日:

粗大ごみ(大型ごみ)ですが、処分には悩みもつきものです。

早く捨てたい、

自分の地区での捨て方がよくわからない、

捨てたいけど処分が面倒・・

などなどです。

出し方としては次の方法がありますよ▼

  • 戸別収集
  • 集積所での収集
  • 持ち込み
  • 不用品回収(または廃品回収)

それぞれ説明していきますね。

捨てるのに手間がかからないのは戸別収集や不用品回収で、一番安いのは持ち込みです

 

大型ごみの出し方【収集】

最初は鳥取市の戸別収集の出し方です。

戸別とは一軒一軒回るという意味で、

市が大型ごみの申し込みをした家庭を回っていきます。

 

出す側としては家の前まで運べればいいので楽ですが、

納付券というのをお店等で買わないといけません。

 

鳥取市の戸別収集

step
1
申し込みの電話をする

地区別で申し込み先の電話番号が違いますよ。電話番号はこちら

step
2
手数料や収集日を教えてもらう

step
3
収集日にごみ出し

  • このとき市の方と立会いできるなら、つぎの支払いへ進みます。
  • 立会い不可であれば大型ごみ納付券を買ってごみに貼り付けて出してください。

step
4
支払い

ステップ1のところでこちらをタップすると、各地区の電話番号が確認できます。

 

米子市の集積所での収集

今度は米子市です。

生ごみなどを出す場所を集積所と呼びます。

まずはじめに燃える素材かどうかチェック。

可燃なら

step
1
袋に入るかどうかチェック

step
2
袋に入るならゴミ袋(可燃ごみ専用)で可燃ごみの日にゴミ出し

袋に入らない場合は収集シールを買い、貼ってから出してください▼

 

不燃なら

step
1
袋に入るかどうかチェック

step
2
袋に入るならゴミ袋(不燃ごみ専用)で不燃性粗大ごみの日に出す

袋に入らないサイズだと収集シールを買ってください。

そしてシールをごみに貼ってから出します。

不燃性粗大ごみの例▼

自転車・ネコ車・スキー板・トタン・ゴルフクラブ・物干しざお・スチール机・脚立…など

「不燃性粗大ごみ」で出せる大きさは、縦・横・奥行きの長さがそれぞれ約60センチ以上で、縦1メートル・横1メートル・奥行き2メートル以下です

市のホームページから引用しました。

 

大型ごみの出し方【直接搬入】

つぎは直接搬入の説明です。

粗大ごみを持って行って捨てるということですが、

鳥取市内のみ参考のためにマップを載せておきます▼

車やトラックで持っていければ処分が安く済ませれられますよ

神谷清掃工場(★可燃のごみが対象)

鳥取県東部環境クリーンセンター(★不燃のごみが対象)

 

直接搬入(持ち込み)の出し方

step
1
持ち込み場所へ電話

クリーンセンターなどの施設にあらかじめ電話したほうがいいです。

持ち込めるもの・持ち込める時間を必ず確認してください

step
2
持ち込み

step
3
重さを計ってもらう

step
3
手数料を払う

 

施設によって粗大ごみの処分の手数料は異なりますが、

有料の収集より安く済むことが多いです。

参考

神谷清掃工場 10キロごとに120円

鳥取県東部環境クリーンセンター 10キロごとに370円

繰り返しますが搬入先が違ったなど無駄足を食わないために、事前に電話確認しましょう。

米子市にお住まいの方はこちらの市の該当ページを見てください。

 

大型ごみの出し方【収集業者を使う】

収集業者を利用した場合にかかる料金は不用品の量やサイズによります。

問い合わせしてみるとわかりますが、不用品にどんなものがあるか訊かれます。

サイズも細かく訊かれました。料金もいくらかかるのか教えてくれましたね。

そして、5点ほどで1万円ちょっとでした。

内訳は家具と家電ですべて重いものです。

このほかトラックを基準に料金を出しているところがありますが、

軽トラックをある程度満杯に載せた場合に15,000円~30,000円します。

安い業者は以前このサイトで紹介しましたので気になる方は問い合わせてください▼

鳥取県のおすすめ【不用品回収業者】の格安ランキング&比較

どれくらい払えばいいのかというと、 軽トラックで運んでもらうなら、3万円超。(軽トラの積み放題プラン) しかしこれ以下の値段の業者もあります。 そもそも軽トラのプランは不用品が多い方向けで、トラックに ...

続きを見る

 

処理券を買う必要はありません。

運んでもらうだけであとは運び終わった後に料金を支払うという流れです。

不用品の出し方

step
1
業者へ連絡

不要品を伝えて、あとは住んでいる地域などを知らせればOKです。

step
2
業者に見積りをしてもらう

見積りは電話で済む場合もあれば、家まで来てもらう場合もあります。

step
3
回収してもらうかどうか判断する

見積り金額やサービス内容をもとに頼むかどうかを最終的に判断してください。

step
4
業者の回収に立ち会う

市では処分できないときに利用すると助かりますね。

上記業者のリンクをタップすると、業者の連絡先が見れます。

 

まとめ

おおまかに収集・持ち込み(搬入)・収集(回収)業者の利用という出し方がありました。

もし処分に困っているようであれば市の戸別収集や不用品の収集業者を利用してください。

持ち込みはできる方のみ検討するような感じです。

料金や手数料のこともあるので、

分けて捨てていくという方法もあります。

数が多い場合は、持ち込みか収集業者を利用してくださいね。

 

まとめ

  • 鳥取市では家の門近くまで回収してくれる戸別収集がある
  • 米子市は粗大ごみの日や可燃ごみの日に粗大ごみを出せる
  • 県内にはいくつか施設があり、それぞれの地域で搬入(持ち込み)という出し方がある
  • 持ち込みは自分でごみを運びにいくが、手数料が安く済む
  • 収集(回収)業者は市ではまかないきれない部分をカバーしている▼
  • 具体的には収集日というものがない・大量の処分も可能

 

 

-ゴミの処分方法, 不要品回収業者, 粗大ゴミ

Copyright© 不用品回収の達人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.