不用品回収、掃除方法の情報ブログ

不用品回収の達人

ナチュラルクリーニング

肌の弱い赤ちゃんや敏感肌の方も安心して使える【洗濯用せっけん】4選!

更新日:

毎日するお洗濯。洗濯の際に使われる洗剤は、どういったものを使われていますか?

市販の洗濯洗剤のほとんどには、肌への刺激が強い石油系の合成洗剤(合成界面活性剤)が配合されています。

肌の弱い赤ちゃんや、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方などがこの合成洗剤入りの洗剤を使うと、かゆみや皮膚の異常、アトピーがひどくなってしまう場合があります。

できるだけ肌にやさしく、安全な洗剤を使いたいという方に、今回は天然素材を用いた肌にやさしい洗濯用せっけんを紹介していきます。

 合成洗剤(合成界面活性剤)は何がいけないの?

ご家庭にある洗濯洗剤にも、きっと合成洗剤が含まれているかと思いますが、どうして良くないのか?

ドラックストアなどで売られている洗濯洗剤のほとんどには合成洗剤が入っているのに、何がいけなのか?

まずは、合成洗剤(合成界面活性剤)について説明していきます。

界面活性剤について

「界面活性剤」はさまざまな洗剤の表示で見かける言葉ですが、いったいどういったものなのか知っていますか?

界面活性剤とは、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質のこと。

界面活性剤の分子の構造は、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。

この構造が本来、水と油のように混じり合わないものを混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをします。

界面活性剤入りの洗剤は、その性質によって衣類についた油汚れなどを落とすことができるので、洗浄力が強くなるということです。

原料は、石油や天然油脂から作られます。

この界面活性剤が主な成分になっている洗剤を、合成洗剤(合成界面活性剤)といいます。

洗浄力が強くなって汚れが取れるならいいんじゃないの?と、疑問になる方もいるかと思います。

では次に、合成洗剤の何がいけないのかを説明していきますね。

合成洗剤(合成界面活性剤)の問題点

■人体への影響■

・肌のたんぱく質を壊すため、肌荒れや皮膚の病気の原因になる。

・体に浸透することで毒を処理する肝臓に負担を与え、肝臓障害を起こすことがある。

・他の化学物質と相乗作用で毒性を増し、発がん性も心配されている。

■環境への影響■

・河川や海に流れた合成洗剤は分解されないため、環境汚染につながる。

・河川や海に生息する生物や植物にも害を与える。

 

合成界面活性剤の中でも、とくに避けたほうがいいものが、「硫酸○○」系、「スルホン酸」系のものになります。

この2つは特に毒性が強いものとされているので、できるだけ避けるようにしましょう。

例:ラウリル硫酸Na、スルホン酸Na、ラウレス硫酸Naなど

 

 合成洗剤と石けんの違い・見分け方

合成洗剤と石けんは、原料、製法、成分などからして異なる、まったく別のものになります。

まったく別のものになりますが、その見分け方が分からない、知らないという方がほとんどではないでしょうか。

「無添加」と記載してある商品でも、成分表示をよく見れば界面活性剤が含まれている。ということもよくあります。

簡単な見分け方を紹介しますね。

まず、合成洗剤と石けんの成分を知りましょう。

石けんの成分

石けん素地、カリ石ケン素地、または純石けん分(脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム)

合成洗剤の成分

化学合成で作られた、合成界面活性剤

洗濯洗剤とキッチン用洗剤は、品名表示を見れば合成洗剤か石けんかの区別が簡単にできます。

見分け方

合成洗剤の場合は品名に「合成洗剤」と表記

石けんの場合は品名に「石けん」と表記

 

 おすすめ洗濯用せっけん4選

市販の「無添加」と記載された洗剤でも、実は界面活性剤が入っているものがあります。

ここでは、本当に無添加の、界面活性剤が含まれていない洗濯用せっけん商品を4つ紹介していきます。

アラウ洗濯用せっけん

合成界面活性剤を一切使用せず、ヤシ油とパーム油から高純度に精製された、植物性のやさしい純せっけん成分が使われている「アラウ洗濯用せっけん」。

純度の高い原料を使っているので、安全で肌にやさしい洗濯用せっけんになっています。

肌の弱い我が家の子供たちが赤ちゃんの頃には、こちらの洗たく用せっけんを使用していましたが、天然ハーブの香りがよく、柔軟剤がなくてもふんわりとした仕上がりになるので、お気に入りの商品です。

 

(ミヨシ石鹸)無添加お肌のための洗濯用液体せっけん

肌の弱い方や敏感肌のための洗濯を考えて作られた、無添加の液体せっけん「お肌のためのせっけん」。

肌だけでなく、衣類などの繊維を傷めることなく洗い上げるので、肌触りがやさしく、柔軟剤を使用しなくてもふんわりと仕上がります。

蛍光増白剤や漂白剤・酵素は入っていないので、赤ちゃんの肌着洗いなどにも安心して使用できます。

自然成分から生まれた石けんなので、肌や衣類をきれいに洗ったあとの環境への負荷を最小限に抑えます。

 

無添加シャボン玉スノール洗たく用せっけん

合成界面活性剤は使用していない無添加の液体洗濯石けん、「シャボン玉スノール」。

石けん特有のニオイを大幅にカットしてあり、冷水でもしっかりと汚れを落とすことができ、ふんわりと仕上がります。

液体タイプなので全自動洗濯機、ドラム式洗濯機のどちらにも最適です。

 

M-mark 洗濯用液体せっけん

天然植物油(パーム核油・べに花油)を原料にしていて、合成界面活性剤・蛍光増白剤・リン酸塩・香料・着色料など使用していない無添加の液体せっけん。

洗浄成分は石けんだけですが、衣類の繊維に浸透して皮脂やタンパク質、泥汚れなどを引き離しすっきりと落とします

泡切れが素早く、すすぎ後は洗浄成分が繊維に残らないので、赤ちゃんや肌のデリケートな方の肌着の洗濯におすすめ。

 

 合成洗剤の上手な使い分け

合成洗剤が「絶対によくない!」「使わないほうがいい!」とは、一概には言えません。

昔から身体や環境への影響があると言われてきているのに、なぜなくならないのか?

それは「洗浄力の強さ」にあります。

洗たく用せっけんでは落としきれない汚れを、合成洗剤なら落とすことができる。

そういったことから、洗浄力の強い合成洗剤を使われている家庭も多いでしょう。

最近では少量の洗剤だけで汚れをしっかりと落とすことができる洗剤などもあり、コスパの良さも合成洗剤の人気ポイントになります。

それぞれの家庭での洗濯事情により、合成洗剤を使うか、洗たく用せっけんを使うかに分かれるのは当然のこと。

大事なのは、その洗剤で問題はないか?ということです。

肌の弱い赤ちゃんや子供などが、合成洗剤で洗われた衣類を毎日着用していたらどうでしょうか?

そういったことを考えながら、合成洗剤と洗たく用せっけんを上手に使い分けしてみてはいかがでしょうか。

 

 まとめ

毎日使う洗濯洗剤ですし、種類も多いのでどれにしようかと悩まれる方もいるかと思います。

「何を重視して洗剤を選ぶか」ということを考え、その中に身体にも環境にもやさしい無添加の洗濯用せっけんがあるということを知っておいていただけたらと思います。

肌に触れるものだからこそ、洗剤についての知識を少しでも知っておくことが大切です。

年間12000件超えの実績!

不用品回収のことなら安心と信頼のエコ☆えこ!〔千葉・東京・神奈川・埼玉・茨城〕

※ライン@から【不用品回収の達人を見た】と送信すると消費税オフサービス中です^^

-ナチュラルクリーニング

Copyright© 不用品回収の達人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.