不用品回収、掃除方法の情報ブログ

不用品回収の達人

ウタマロクリーナー

「シール剥がし」にはウタマロクリーナーが大活躍!粘着部分も根こそぎ取れる!

更新日:

家庭に小さなお子さんがいると、いつの間にかテーブルや壁など、至るところにシールを貼られてしまいますよね・・

貼られたシールを剥がそうにも、キレイに剥がれなかったり、無理に剥がそうとしたら失敗して汚くなってしまったり。

そんなシール剥がしにもってこいのアイテムが、今SNSでも話題のウタマロクリーナー

これ1本で家中どこでも掃除ができて、手肌にもやさしい成分なのに、汚れはしっかり落としてくれるということで、ママさん達の間で大人気商品になります。

そのウタマロクリーナーで、なんとシール剥がしができてしまう!

シール剥がしの方法はいろいろとありますが、クリーナーを使うと剥がれ残しもなく、簡単キレイにすることができるので、今回紹介していきます。

 

 ウタマロクリーナーとは?

お掃除アイテムとして大人気のウタマロクリーナー。

なぜそんなに人気なのかというと・・

人気理由

ガンコな汚れをしっかり落とす

キッチンのしつこい油汚れや、ガンコな水アカ、石けんカスなども落とします。

手肌にやさしい

主洗浄成分は、手肌や環境にやさしいアミノ酸系洗浄成分の中性洗剤。

ゴム手袋やマスクをして掃除する必要はありません。

※肌の弱い方、長時間の使用をされる場合は、ゴム手袋の着用をおすすめします。

これだけで家中が掃除できる

一般的に中性であるクリーナーは、アルカリ性のものと比べて油汚れに弱いと言われてきましたが、ウタマロクリーナーは油汚れもしっかり落とすことができます。

なので、キッチン、お風呂、トイレ、窓ガラスやその他の水拭きできる家具・床・壁紙など、家中の掃除に使えます。

 

こういった理由から多くの方々に愛用され、日々の掃除に大活躍しているウタマロクリーナーになります。

 

 シールの粘着成分について

シールや粘着テープなどの粘着剤の主成分は、ゴム系やアクリル系、シリコーン系などがあります。

ゴム系

初期接着力に優れ、様々な被着体に貼り付け可能。

アクリル系

高い接着強度と耐熱性に優れている。

シリコーン系

非常に高い耐熱性とシリコンゴムへの接着性に優れている。

それらを目的や用途に合わせて、永久接着タイプ、再剥離タイプ、再貼付タイプから選択することができます。

永久接着タイプ

強粘着。貼りつけたままの用途に適した粘着剤。

再剥離タイプ

一定期間後に、剥がす用途に適した粘着剤。

再貼付タイプ

一度貼って、剥がしたラベルを再度貼る用途に適した粘着剤。

普段、私たちがよく利用する粘着テープ(セロテープやクラフト粘着テープ、両面テープなど)の粘着成分は、基本的には天然ゴムや樹脂から作られています。

樹脂というのは天然ゴムを柔らかくしたり、粘着特性を調整する材料です。

なかには、アクリル系の粘着剤を使用していたり、シリコン系の粘着剤を含んでいるものもあります。

 

 【ウタマロクリーナー】シールの剥がし方

それではさっそくウタマロクリーナーで、ベッタリと貼りついて取れないシールを剥がしていきましょう!

空気清浄機に貼られたシールたち。全部剥がしてやりますよ!

用意するもの

・ウタマロクリーナー

・キッチンペーパー

・ぞうきん

・汚れていい紙やふきんなど(ウタマロクリーナーをキッチンペーパーに吹きかける時の下敷きに使います)

※肌が弱い方や手に傷がある方は、ゴム手袋を使ってくださいね。

①紙などの上にキッチンペーパーを乗せ、ウタマロクリーナーを吹きかけ染み込ませます▼

②クリーナー液が染み込んだキッチンペーパーを、シール部分が覆われるように貼りつけ、このまま30分ほど放置しておきます▼

しっかりシールに付着するように、手で押さえながら貼り付ける

ココに注意

放置時間はクリーナー液が乾いてしまっては剥がすことができませんので、乾かないように気をつけて時間を調整しましょう。

③30分経ったら、キッチンペーパーを取り、そのキッチンペーパーを使ってシール部分を擦っていきます▼

④クリーナー液が粘着部分までしっかり染み込んでいれば、強く擦らなくても簡単に剥がせます▼

このようにシールをキレイに剥がすことができました!▼

⑤クリーナー液が残っているので、乾いたぞうきんで拭き取ります▼

ウタマロクリーナーは二度拭きする必要はないので、これで完了です。ちゃんと剥がせました!▼

残りのシールも同じように剥がしていきます。掃除もできるので一石二鳥ですね!

 

空気清浄機以外の場所のシールも、剥がしてみました。

テーブルに残った粘着剤取り

子供に貼られたシールを、何とか剥がそうとして失敗した跡です・・キレイに剥がしていきましょう!

①クリーナー液を染み込ませたティッシュでパックして、20分ほど放置▼

※木材なので、万が一変色してしまうかもしれないということを想定して、放置時間は長すぎないようにします。

②ティッシュでフキフキ。ポロポロ剥がれていきます▼

③乾いたティッシュでさっと拭いて完了▼

 

冷蔵庫のシール剥がし

冷蔵庫に貼られたこちらのシールも、ウタマロクリーナーで剥がしてしまいましょう。

クリーナー液でパックして、30分放置してから擦って拭いて▼

はい!このようにキレイに取れました!▼

 

 ウタマロクリーナー以外で、シールの剥がし方

シール剥がしの方法はいくつかありますので、剥がす場所などで使い分けしてみるのもいいかもしれません。

また、ウタマロクリーナーをお持ちでない場合に、まず家にあるものから試してみるのもいいでしょう。

ドライヤー

ドライヤーの熱で、シールの粘着性を弱くして剥がす方法です。

水が使えない場所のシール剥がしに、おすすめの方法になります。

シール部分をドライヤーの熱で温めながら、徐々に剥がしていきます。

シールの角や端をちょこっとだけ剥がし、まずはそこからドライヤーで温めて剥がしていくのがコツです。

※溶けやすい素材のものには使わないでください。ドライヤーの熱で溶けてしまう場合があります。

 

 

 

 

 

除光液

シールを剥がす専用剤の代用になります。

剥がしたいシールへ除光液を塗り、しばらく放置した後、少しずつ剥がしていきます。

剥がし終えたら、ぞうきんなどで水拭きをしてキレイに仕上げます。

キレイに剥がすことはできますが、除光液特有のきついニオイが残る場合があります。

また、素材がプラスチックだと溶けてしまうので、注意しましょう。

 

 

 

 

中性洗剤

ウタマロクリーナーと同じ中性洗剤でも、シールを剥がすことができます。

中性洗剤を、スポンジか刷毛でシール部分にたっぷり含ませ、サランラップで覆います。

15~20分ほど放置した後、ぞうきんなどで拭き取りながら剥がしていきます。

中性洗剤が残っていると変色の原因になりますので、しっかりと水拭きで拭き取ってください。

 

 

 

 

 

失敗しやすいシールの剥がし方

ハンドクリームやお酢を使ってのシール剥がしが有名ですが、これらは失敗する確率が高いものになります。

ハンドクリームの成分によって上手く剥がせなかったり、お酢を使う場合も粘着部分まで剥がせないということが多いです。

また、お酢は使ったあとに素材にニオイが染みついてしまうので、おすすめしません。

 

 ウタマロクリーナーを使うときの注意点

ウタマロクリーナーは、基本的には家中のどこにでも使用することができます。

ですが、使用してはいけない場所やものもありますので、把握しておきましょう。

ウタマロクリーナーが使えない場所・もの

水拭きできない家具・床・壁紙、天然の石材、うるし等の塗り製品、銀製品、自動車、液晶・プラズマディスプレイの表面、革製品など。

 

 まとめ

ウタマロクリーナーでシール剥がしもできるという、新たな使い方が発見できたのではないでしょうか。

また、まだウタマロクリーナーを使ったことがない方も、シール剥がしだけなく、いろいろな掃除ができるウタマロクリーナーを使ってみてもいいかもしれませんね。

家具や壁に貼られたシールだけでなく、購入した商品のラベルやステッカーなども、同じように剥がすことができますよ。

使う際には、素材を確認のうえ使用しましょう。

年間12000件超えの実績!

不用品回収のことなら安心と信頼のエコ☆えこ!〔千葉・東京・神奈川・埼玉・茨城〕

※ライン@から【不用品回収の達人を見た】と送信すると消費税オフサービス中です^^

-ウタマロクリーナー

Copyright© 不用品回収の達人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.