不用品回収、掃除方法の情報ブログ

不用品回収の達人

掃除

賃貸物件の引っ越し・退去時には掃除をすべき!掃除場所や方法を徹底解説!

更新日:

賃貸物件からの引っ越しの際に、家具や物がなくなった部屋をある程度掃除するのはマナーですが、いったいどこまで掃除をすればいいのか?

部屋中をピカピカにする必要はありませんが、基本的に入居時と同じように原状回復した状態で退去するようになります。

退去時に掃除をしておくことで、敷金返還という場合もあります。

そういったことも含め、今回は引っ越し・退去時の際に掃除について紹介していきます。

 退去時の掃除はしたほうがいい?

もちろん、掃除はしたほうがいいです。汚れや傷みなどによっては、敷金で賄えない分の原状回復費用を負担することになる場合があります。

敷金って?

入居時に支払われる敷金は、家賃が滞納されたときや、借主が部屋を汚したり、損傷させたりしたときに修繕費用として充てるために、貸主が事前に「預かるお金」です。

退去時に家賃の滞納もなく、原状回復した状態で返還すれば全額戻ってくるというのが基本的な考え方です。

しかし、実際には全額戻ってくるというのはほとんどありません。多くの場合、退去時に原状回復にかかる費用が費用が差し引かれ、その残額が借主の手に戻ります。

原状回復の費用負担の基準があいまいなために、敷金の返還によるトラブルが多いようです。

 

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」

敷金の返還によるトラブルが多いため、国土交通省が「原状回復の費用負担のあり方」についての一般的な基準をまとめた「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」という指針を発表しています。

(国土交通省)「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」

このガイドラインは、あくまで参考なので内容に沿わなくても違反とはならず、法的強制力はありません。

そのため、「どの程度の掃除をすればいいのか」「掃除の有無が敷金返還に影響するのか」を一概には言えません。

原状回復義務が発生する場所や損傷の度合い、借主の費用負担に関しては、賃貸契約書を確認したり、不動産管理会社や大家さんに問い合わせてみるといいでしょう。

また、原状回復のきちんとした意味を理解しておきましょう。

ガイドラインによる原状回復とは

「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」

つまり、借主の故意や過失など、通常の生活をしていて起こりえないような損耗・毀損は、借主が負担するということになります。

入居時の状態に完全に戻さなくてはいけないと誤解する方もいますが、原状回復の本当の意味はそうでないということを、しっかりと理解しておきましょう。

壁の汚れやキッチンの劣化など、経年変化や一般的に当たり前と考えられる損耗は家賃に含まれているものとして、原状回復の費用にはあたりません。

ただ、自分で汚れが落とせるようなものは、キレイに掃除をしておいたほうが敷金返還のプラス材料になることもあります。

ではどのような場所を掃除したらいいのか、次の項目で紹介していきますね。

 

 退去時に掃除しておいたほうがいい場所

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考にしながら、退去時の掃除について紹介していきます。

ガイドライン内容

●台所の油汚れ

●ガスコンロ置き場、換気扇の油汚れ

●風呂、トイレ、洗面台など水まわりの水垢、カビ

などについては、通常使用にあたる損耗にあたる場合と、そうでない場合とがある。

どういうことかというと・・

台所の油汚れなど、ぞうきんで拭いて汚れが落とせる程度であれば、費用を負担する必要がありません。

しかし、油汚れを掃除せず放置し、こびりついて取れなくなってしまった場合、費用を負担しなくてはいけない可能性が出ていきます。

つまり借主は、汚れたら掃除をする必要があり、掃除をしなかった結果の汚損の場合、原状回復の費用を負担することになります。

日頃の生活の中で、「汚れてしまったらきちんと掃除をする」ということが大切になります。

それが退去時の敷金の返還額がプラスへと繋がるかもしれません。

 

 原状回復しなくても大丈夫な場所

※「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考にして紹介していきます。

費用は発生しないとされているもの

●フローリングの色落ち

●畳やクロスの変色

●家具の設置による床、カーペットのへこみ

●電気ヤケ

これらのものは、借主が部屋を通常に使用している中で発生する損耗とされるため、修復しなくても敷金が減少することはありません。

ココに注意

借主が部屋を通常に使用している中で発生する自然な損耗を、汚れと勘違いして自己流で修復や掃除をしてしまうと、逆に悪化する可能性があります。

こうした場合、通常の生活で発生する損耗として扱われずに、原状回復義務が発生してしまう可能性があるので、注意してください。

 

 掃除方法の紹介

台所や風呂場、トイレなどの水まわりの掃除、ガンコな油汚れなどを落とす掃除方法をいくつか紹介します。

水アカ汚れ

水アカを落とすならクエン酸を使っての掃除がおすすめです。

環境にもやさしい洗浄成分ですが、汚れをしっかりと落としてくれますよ。

【ナチュラルクリーニング】クエン酸を使って水回り掃除!ガンコな水垢も簡単ピカピカに!

 

油汚れ

ガンコな油汚れには、セスキ炭酸ソーダを使っての掃除がおすすめです。

ベタベタして落としにくい油汚れも、セスキ炭酸ソーダを使えばしっかりと汚れやベタつきを取ることができます。

自然素材の洗剤|「セスキ炭酸ソーダ」を使って、キッチンのベタベタ油汚れをしっかりキレイに!

 

風呂場のカビ取り

風呂場のカビは出来てしまうとなかなか落とせません!

しかもカビは繁殖スピードが早いので、ひとつカビが出来てしまうと次から次へと・・

通常の風呂掃除や洗剤ではカビを落とすことができませんが、片栗粉と漂白剤で作る「漂白剤ペースト」を使うと、こびりついたカビをしっかりと落とすことができます。

お風呂の黒カビには片栗粉で作る「漂白剤ペースト」でらくらくカビ取り!

 

部屋全体の掃除に

これ1本あれば、家中どこでも掃除ができてしまうという便利アイテムの「ウタマロクリーナー」で、仕上げとして部屋全体の拭き掃除におすすめです。

中性洗剤になるのでさまざまな場所に使えますし、通常の中性洗剤よりもウタマロクリーナーは洗浄力が強いため、ガンコな汚れも落とすことができます。

【ウタマロクリーナー】ママさんに大人気!肌にやさしいウタマロクリーナーで家中ピカピカ!

 

 まとめ

引っ越しの荷造りなどで忙しく、つい掃除まで手が回らない・・という方もいるかと思いますが、退去時にきちんと掃除をすることで、敷金の返還や節約にも繋がります。

そして、お世話になった感謝の気持ちを込めて、最後に部屋をキレイにすることも大事ではないでしょうか。

不動産会社や大家さんによっては原状回復の費用や内容など異なることはありますので、必ず確認をするようにしましょう。

年間12000件超えの実績!

不用品回収のことなら安心と信頼のエコ☆えこ!〔千葉・東京・神奈川・埼玉・茨城〕

※ライン@から【不用品回収の達人を見た】と送信すると消費税オフサービス中です^^

-掃除

Copyright© 不用品回収の達人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.